美容整形
DS PSP初心者用講座 Psardumper per 6.00 e 6.10 公開解説

逆アクRSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Psardumper per 6.00 e 6.10 公開解説 



    最新の公式 FW6.10が展開可能なPSARDumper、
    「Psardumper per 6.00 e 6.10」がリリースされました。
    ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ

    * コメントくれた] MUGONでPSPやら のA型さん、ありがとうございました。

    最新版Psardumperでは最新FW6.00/6.10に対応。

    ただし幾つか復号化出来ないモジュールはいまだにあるようなので、
    その点はご了承下さい。

    よく「ファームウェアを展開してなんかいい事あるんですか?」って
    質問がありますが、はい、あります。(`・ω・´)

    PSPエミュレータを遊ぶ際、互換性・起動率を向上させるため、
    各FWを展開(バラす)したフォルダの中にあるファイルが必要になります。

    公開されているいくつかのアプリでも、FWの中にあるファイルが必要に
    なったり、新しいCFWを作成する開発者にとっては貴重な情報になります。

    というわけでやったことない人でも、やり方の手順くらいは
    頭の隅に覚えておいた方が、後で役に立ちます。

    Psardumper per 6.00 e 6.10 公開解説


    1・「Psardumper per 6.00 e 6.10」をダウンロード後、解凍します。

    「Psardumper per 6.00 e 6.10」  ・・・⇒ (`・ω・´)ポチ

    2・解凍後出てきた「new_psardumper」フォルダを
    PSP⇒GAMEフォルダにコピー。



    3・続いて展開したい公式FW(EBOOT.PBP)ファイルをメモステの
    ルートディレクトリにコピー。



    4・XMBより起動します。



    5・英語のメニューが表示されたら□ボタンを押して展開開始。



    ×ボタンでは固体情報を含んだ、暗号化された状態で展開、
    ○ボタンでは固体情報を含まず、暗号化された状態で展開。

    この辺は前回バージョンと同じです。

    ちなみに□ボタンでは固体情報を含み、暗号化ナシで展開されます。

    6・展開完了後、メモステのルートディレクトリにFフォルダが作成されます。





    この中に展開されたFWのファイルが入っています。

    あとはわかりやすい名前をつけたフォルダなどを作成し、PCにバックアップ
    しておいてください。



    メモステ内に残っているEBOOT.PBPファイルなどは消してしまって
    かまいません。

    お疲れ様でした。
    [ 2009/11/11 09:00 ] PSP便利ソフト | TB(0) | CM(5)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • おはようございます。いつも更新お疲れ様です。
    [ 2009/11/11 09:06 ] wLMIWoss[ 編集 ]
    1げっと
    [ 2009/11/11 09:06 ] -[ 編集 ]
    >6・展開完了後、メモステのルートディレクトリに色付きの文字Fフォルダが作成されます。

    FではなくF0ですね。
    [ 2009/11/11 14:28 ] -[ 編集 ]
    開発者向けですよね…。
    自分には関係ないツールですけど今後の展開に期待大です^^
    [ 2009/11/11 17:08 ] 4EoBppwo[ 編集 ]
    色付きの文字Fフォルダってなんだろうね
    [ 2009/11/11 20:45 ] pYrWfDco[ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    Topics


    総合管理人・あまえび


    詳しくはレビュー記事
    多機能カテゴリー
    全記事表示
    最近の記事+コメント
    ゲームパーツ&ツールの取扱店

    PlayStation 3(250GBモデル)
    ブログランキング


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。