美容整形
DS PSP初心者用講座 DSのセーブデータ完全活用法解説
FC2ブログ

逆アクRSS

DSのセーブデータ完全活用法解説 

熱下がりました。みんなもお腹を冷やしちゃダメです。(-_-)

というわけで、前回の続きです。

マジコンのセーブデータと、パソコンで遊んだ時のセーブデータの相互共有方法ですが…
これが意外と侮れませんでした。

「拡張子変えたり、場所さえわかってれば簡単だろう」とタカをくくっていたのですが、実際やってみると、「NO$GBA」でセーブされたデータ容量が、DSのマジコンのセーブデータ容量と変わってしまう為、DSの方で認識できなくなってしまうんですよね。

んで、試行錯誤のすえ、自分なりに解決法を見つけたんで解説していきます。
 


DSのセーブデータ完全活用法解説

1・まず基本。DSマジコンのゲームのセーブデータは、マジコン内にある「タイトル.sav」がそれです。
(「M3REAL」の場合は「タイトル.0」の特殊拡張子)
パソコンに『DSセーブデータ』などのフォルダを作り、これらを移しておけば、セーブデータのバックアップが可能です。簡単ですので、ぜひ実践しておいて下さい。

2・「NO$GBA」のセーブデータは「BATTERY」フォルダへ格納されます。
マジコンから持ってきたセーブデータをここに入れれば、すぐに続きを楽しめます。



3・問題は書き戻しです。そのまま「NO$GBA」で遊んだデータをマジコンに入れても、続きはできません。
そこで次の作業を行います。

まず「NO$GBA」の本体があるフォルダを開き、『NO$GBA.INI』をメモ帳で開きます。



ページ中段あたりにある「SAV/SNA File Format」の箇所を「Uncompressed」に書き換えて下さい。
これは『無圧縮』にするという意味です。


      ↓


これにより、「NO$GBA」で保存されるセーブデータが520KBで保存されるようになりました。
ちなみにこの作業を行わないと、勝手にセーブデータが圧縮保存され、わずか6KBになってしまいます。マジコンに移動しても、読み取る事ができないわけです。

4・まだ問題が残っています。このままだと、M3REALのユーザーなどはやはり読めません。
「M3REAL」のセーブデータ容量は通常512KBです。
また「M3を使ってるけど、今度R4にしたい。セーブデータの引継ぎとか無理かな(´・ω・`)?」なんて人の為にも、便利なツールがあります。

(`・ω・´)ポチより、「SaveManagerっぽい」をダウンロードして下さい。

5・パソコン上に「インポート」フォルダと「エクスポート」フォルダを作ります。
フォルダ名は好きでかまいません。ここでは「インポート」「エクスポート」とします。
用意ができたら、「インポート」フォルダに変換したいセーブデータを入れます。

6・ダウンロードした「SaveManagerっぽい」を解凍して「SaveDataManager.jar」を
ダブルクリックで起動します。

メニュー左下のボタンから、先ほど作った「インポート」フォルダと「エクスポート」フォルダを指定し、
インポートフォルダ内のセーブデータを一覧します。



次に変換したいセーブデータを右クリックし、「他形式に変換」を選んでクリック。

コンボボックスが出るので、変換したい形式を選択して「了解」ボタンを押します。





「R4」「M3」ユーザーは「R4512K(*.sav)」を選択すればOKです。

7・変換されたセーブデータをmicroSDにコピーします。(通常は「NDS」フォルダ内)
この時、ファイル名はROMと同じ名前にリネームして下さい。
また、「M3REAL」を使っている方は、セーブの拡張子部分も「.0」に直して下さい。

8・DSから続きを楽しみたいゲームを起動します。
無事データが引き継がれていれば成功です。







お疲れ様でした。
[ 2008/03/26 13:35 ] DS便利ソフト | TB(0) | CM(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    Topics


    総合管理人・あまえび


    詳しくはレビュー記事
    多機能カテゴリー
    全記事表示
    最近の記事+コメント
    ゲームパーツ&ツールの取扱店

    PlayStation 3(250GBモデル)
    ブログランキング